レビー小体型認知症の幻聴・幻視と漢方薬アロマタッチによる対応策

レビー小体型認知症 幻聴

レビー小体型認知症とは

レビー小体とは、1912年にドイツ人医師レビーが、パーキンソン病の脳から発見した異常構造物です。パーキンソン病は脳の変性疾患のひとつで、レビー小体は長い間パーキンソン病特有の病理所見であると考えられていました。

しかし、1976年に日本の小阪憲司氏が、歩行障害などのパーキンソン病の主症状(パーキンソニズム)と認知症を合併する症例で、レビー小体が出現していることを報告しました。これによって、1996年にレビー小体型認知症として国際的な診断基準が確立されました。

レビー小体型認知症の幻聴・幻視

認知症の初期から中期にかけて多く出現する症状として幻覚が挙げられます。幻覚は、聞こえないはずのものが聞こえる幻聴と、現実にはないものが見える幻視に分けることが出来ます。レビー小体型認知症では、約8割に幻覚と関連する症状がみられます。

幻覚には、人物の幻視、動物・虫の幻視、実態意識性、物体の幻視などがありますが、最も多いのは人物の幻視で、「赤いTシャツを着て半ズボンを穿いた男の子と麦わら帽子を被った白いワンピースの女の人がいる」など、リアルで具体的なのが特徴的です。

また、壁のシミが人間の顔に見えるといった誤認も多くみられます。誤認は、外部刺激に対する知覚錯誤とそれに伴う妄想によるもので、知覚対象があるという点で幻覚とは異なります。

脳では1日当たり7gのゴミが溜まるといわれ、これが認知症と深い関係があることがわかってきました。私たちは、脳のゴミの排泄調整を行う頭蓋仙骨療法、漢方薬、アロマシャワー、温泉療法を融合した漢方薬アロマタッチを行うことによって、快適な日常生活を送ることができるようになるサポートをいたします。認知症への対応策のひとつとしてお考えいただければ幸いです。

このページは医薬関係者への情報提供を目的としています。