アリセプトの効果と副作用および漢方薬アロマタッチによる認知症対策

アリセプトの効果と副作用

アリセプトの効能・効果

アリセプトの効能・効果

アリセプトは、アルツハイマー型認知症およびレビー小体型認知症における認知症症状の進行を抑制します。ただし、症状の「進行を抑える薬」であり、認知症そのものを治す薬ではないことに注意しなければいけません

アセチルコリンエステラーゼを阻害

では、アリセプトは、どのような作用によって症状の進行を抑えるのでしょうか?脳内では、たくさんの神経細胞がネットワークで繋がっていて、膨大な情報交換が行われています。その情報交換の場はシナプスと呼ばれ、シナプスでは神経伝達物質を介して情報交換が行われています。アセチルコリンは神経伝達物質のひとつで、様々な役割を担う大切な物質です。

シナプスから放出されたアセチルコリンは、情報を伝達した後に分解酵素「アセチルコリンエステラーゼ」によって速やかに分解され、再び元の神経細胞に取り込まれます。アルツハイマー型認知症の脳ではアセチルコリンの減少がみられるため、情報伝達後にアセチルコリンの分解が抑制されれば脳内におけるアセチルコリン濃度は高まると考えられます。

アリセプトは、分解酵素「アセチルコリンエステラーゼ」を阻害することによって認知症症状の進行を抑制する薬です。

用法・用量

アルツハイマー型認知症

1日1回3mgから開始し、副作用の有無を観察した上で、通常は1~2週間後に1日1回5mgに増量し継続します。高度のアルツハイマー型認知症では5mgを4週間以上継続した後に、1日10mgに増量することができます。

レビー小体型認知症

1日1回3mgから開始し、副作用の有無を観察した上で、1~2週間後に1日1回5mgに増量し継続します。5mgを4週間以上継続した後に、1日10mgに増量します。ただし症状によって1日5mgに減量することができます。

重大な副作用

重大な副作用

QT延長、心室頻拍、心室細動、洞不全症候群、洞停止、高度徐脈、心ブロック、失神、心筋梗塞、心不全、消化性潰瘍、十二指腸潰瘍穿孔、消化管出血、肝炎、肝機能障害、黄疸、脳性発作、脳出血、脳血管障害、錐体外路障害、悪性症候群、横紋筋融解症、呼吸困難、急性膵炎、急性腎障害、原因不明の突然死、血小板減少

アリセプトとメマリー

アリセプトは、アセチルコリンの分解酵素「アセチルコリンエステラーゼ」を阻害することによって認知症症状の進行を抑制する薬です。一方、メマリーはNMDA受容体に働きかける中等度および高度アルツハイマー型認知症の治療薬です。グルタミン酸は脳内の主な興奮性神経伝達物質で、その受容体のひとつにNMDA受容体というものがあります。

NMDA受容体は大脳皮質や海馬に高密度に存在し、記憶に関係しています。メマリーは、過剰なグルタミン酸によるNMDA受容体への過剰な刺激を抑えることによって神経細胞を保護し、記憶・学習機能障害を抑制します。また、認知機能障害の進行、言語、注意、実行および視空間能力などの悪化の進行、攻撃性、行動障害などの行動・心理症状の進行を抑制します。

アリセプトとメマリーは作用機序が異なるため、中等度以上の認知症に両剤を併用することが可能です。メマリーには投与時間の規定がなく、食事の影響も受けないため、ライフスタイルに合わせた使い方ができます。

メマリーの離脱症状

主に中枢神経系薬物を反復的に摂取し、薬物に対する依存が形成された後に摂取を中断することによって現れる症状を離脱症状(離脱症候、禁断症状、退薬症候)といいますが、現在のところ、メマリーの投与を中止することによる離脱症状はないといわれています。

国内臨床試験では、抗パーキンソン病薬で報告された悪性症候群や麻薬などによる離脱症状の発生、特定の副作用の発現頻度が上昇するという報告はありません。

認知症の原因物質を排泄

成人の脳では、1日に約7gのタンパク質のゴミが作られています。この脳のゴミが適切に排泄されずに脳に蓄積すると、健康を損なう可能性が高まるといわれています。認知症の原因物質として疑われるアミロイドβも脳で生じるゴミの一種です。

通常、この種のゴミはグリンパティックシステムと呼ばれる脳のクリーニングシステムによって処理されていますが、ここに何らかのトラブルが生じるとゴミは脳に蓄積されることになります。最新の研究では脳のゴミの蓄積が認知症と深い関わりを持っているといわれます。このことからも脳のゴミを適切に排泄することは、有効な認知症対策であると考えられます。

認知症の原因物質が排泄される仕組み

私たちは食べ物から栄養を摂取し、体にとって不要なものをゴミの種類として排泄します。一般に、私たちの体内で生じたゴミ(不要な物質)は腎臓や肝臓で処理されて体外へ排泄されます。その過程では、リンパ系が大切な役割を果たします。体中に張り巡らされたリンパ系が様々な種類のゴミを回収し、細い導管→太い導管→血管の順に流し込み、腎臓や肝臓へと運搬します。

では、脳で生じるゴミはどうでしょうか?昔は、「脳は特別な組織で、脳で生じるゴミは脳内で全て処理されている」と考えられていました。しかし、近年の研究によって脳にもゴミを回収する仕組みが備わっていることが明らかになりました。脳の血管は「血管周囲腔(けっかんしゅういくう)」に囲まれています。血管周囲腔内には脳脊髄液(のうせきずいえき)という液体が流れ、その外側は「アストロサイト」という支持細胞とつながっています。

脳で生じたゴミは脳脊髄液中に流れ込み、アストロサイトを通じて静脈内に送られて腎臓や肝臓で処理されます。この仕組みを「グリンパティックシステム」といいます。認知症の人の脳ではグリンパティックシステムが正常に機能することができずに、認知症の原因物質といわれるアミロイドβやタウタンパクなどの脳のゴミが脳内に蓄積し、記憶が失われていくのではないかといわれています。

脳のデトックスシステムを活性化する治療法

グリンパティックシステムは、近年になって明らかにされた脳のデトックスシステムです。しかし、この存在は以前より予見され、手術中に、時折、脳で生じたゴミの排泄ルートである脳脊髄液の流れ方に異変が起きることに気付いた医師がいます。

この医師は、脳脊髄液の流れに異常が生じると記憶力・集中力の低下、頭痛、無気力、慢性疲労など様々な現象が起きることを発見し、さらに、外部からの手指刺激を用いた脳脊髄液の流動調整によって、これらの症状が治癒することを見出だしました。この手法は頭蓋仙骨療法(とうがいせんこつりょうほう)と呼ばれますが、頭蓋仙骨療法はグリンパティックシステムの正常化を目指す手法と考えることができます。

グリンパティックシステムの研究には、脳における水の出入り口となる「アクアポリン4」というタンパク質の発見が重要な役割を果たしましたが、アクアポリン4の働きを証明するためには脳内における水の動きを生きたまま可視化する必要がありました。当時は現在のような高度な顕微鏡技術がなかったため、多くの人々にグリンパティックシステムの存在を知ってもらうことは難しかったのかもしれませんが、頭蓋仙骨療法における脳脊髄液の流動システムの考え方は、まさしくグリンパティックシステムそのものです。

快適な日常生活を目指す漢方薬アロマタッチ

私たちは、この手法をさらに進化させ、脳に働きかける漢方薬、大きなリラックス効果を生むメディカルアロマシャワー、様々な効能を持つ温泉療法を頭蓋仙骨療法と融合し、あらゆる角度から脳の活性化を目指す「漢方薬アロマタッチ」を開発いたしました。

漢方薬、メディカルアロマ、温泉療法、頭蓋仙骨療法をそれぞれ単独で用いるのではなく、これら全てを同時に行うことに私たちは大きな意義を見出しています。漢方薬アロマタッチでは漢方薬の使用が必要とされるため、薬剤師の資格と医薬品の取り扱い許可が必要です。また、メディカルアロマシャワーの実践には美容師の資格と美容所の許可が必要です。

私たちは、これら全ての資格と許可を所有し、みなさまに安心してご利用いただける環境を整えています。漢方薬アロマタッチは、既成概念にとらわれず、何とか認知症のお悩みを解決する方法はないかと模索した結果、ようやく辿り着いた手法です。漢方薬アロマタッチが目指すのは快適な日常生活を取り戻していただくことです。

漢方薬アロマタッチによって、同じことを繰り返し質問することがなくなった、気持ちが穏やかになり、暴言がなくなったという報告を受けています。認知症対策のひとつとしてお考えいただければ幸いです。

このページは医薬関係者への情報提供を目的としています。