ジアミン無添加のヘアカラーシステム

ジアミン無添加のヘアカラーシステム

アレルギーでも安心!ジアミン無添加のヘアカラー

一般的なヘアカラーの仕組みは、毛髪のキューティクルを開き、そこに酸化されたジアミン色素を浸透させることによって発色を促すというものですが、このジアミン色素に対し、アレルギー反応を示す方が年々増加しているといわれます。

これまでは、アレルギーを発症したときには白髪染めを諦めるか、ヘアカラー剤をヘアマニキュアかヘナに切り替えるしかありませんでした。ヘアマニキュアはジアミン色素を含有しないため、アレルギー発症時の白髪染めとして薦められることが多いのですが、シャンプーをするたびに著しく退色するというウィークポイントを持っています。しかも、皮膚に付着しやすいため、頭皮への着色も注意しなければいけません。

また、ヘナは毛髪にハリやコシが出るという利点がある一方で、天然100%のヘナの色はオレンジ一色であるため、白髪を黒髪の色に近づけるのが困難です。そこで、自然な色味の白髪染めをご希望の方にお薦めしたいのがジアミン無添加のヘアカラーシステム「漢方薬アロマカラー」です。

パラフェニレンジアミンを始めとするジアミン色素を一切使用せずに自然なダークブラウンに仕上がります。色持ちも良く、ヘアカラー特有の「染めている間のピリピリとした頭皮の痛み」や「染め終わった後の頭の重さ(ヘルメットを被ったような感じ)」もありません。

体調が優れなくても染められるメディカルアロマのヘアカラー

一般的に、美容室では化学薬品を多く使用するため、美容室特有の薬液臭というものがあります。この臭いが苦手な方も多く、体調が優れないときには特に気になるといわれます。漢方薬アロマカラーはフレッシュなメディカルアロマを使用するヘアカラーシステムで、体調が優れない時でも薬液臭を気にすることなく安心して白髪染めをすることができます。

また、体調に合わせた漢方薬を処方することも可能です。体調が優れない時には、ヘアカラー前に漢方薬剤師にご相談ください。

過去に受けた頭皮ダメージは漢方薬で修復!

一般的にヘアカラーアレルギーと呼ばれているものは、アレルギー性接触皮膚炎です。痒みに引き続き、紅斑、浮腫、丘疹、小水疱といった皮膚炎症状が現れます。このような症状を過去に体験し、頭皮ダメージに対する不安をお持ちの方には、漢方薬を用いて対処いたします。

例えば、皮膚が熱く感じるような痒みには清熱涼血薬を中心とした漢方薬、カサカサとして痒みが強い場合には養血潤燥活血薬を中心とした漢方薬を使用します。漢方薬アロマカラーは、過去に受けた頭皮ダメージを回復させる手段としても非常に高い有効性を持つと考えられます。

ヘアカラー後に頭部デトックスを行う意味

漢方薬アロマカラーでは、ヘアカラー後のシャンプーに引き続いて漢方薬アロマタッチを行います。漢方薬アロマタッチは、漢方薬、メディカルアロマ、頭蓋仙骨療法、温泉療法を融合した頭部デトックスシステムです。

「必要な色味をシッカリと定着させた上で、体にとって不必要な物質は積極的に排出する」という美容薬学的観点から生まれたメディカルヘアカラーシステムで、アレルギーリスクの軽減を図るだけではなく健康レベルの向上を目指しています。

アレルギーでも染められる!漢方薬アロマカラーシステム