レビー小体型認知症パーキンソニズムと漢方薬アロマタッチによる対応策

レビー小体型認知症パーキンソニズム

レビー小体型認知症では、MIBG 心筋シンチグラフィーで高率に心臓の MIBG 集積が低下します。MIBGは、交感神経終末で貯蔵、放出、再吸収を繰り返すノルアドレナリン(神経伝達物質)とよく似た物質です。

MIBG心筋シンチグラフィーは、レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症や多系統萎縮症(multiple system atrophy:MSA) 、進行性核上性麻痺(progressive supranuclear palsy:PSP) 、大脳皮質基底核変性症(corticobasal degeneration:CBD)など他のパーキンソニズムや本態性振戦(essential tremor:ET)との鑑別に参考とされる検査です。

レビー小体型認知症と心臓交感神経の脱力

レビー小体型認知症やパーキンソン病では、初期から心臓交感神経に脱神経が起こることがわかっています。これによって、心臓のMIBG集積が低下するのではないかと推測されています。

また、レビー小体を有するレビー小体型認知症、パーキンソン病では心臓交感神経の脱神経が認められ、アルツハイマー型認知症、その他のパーキンソニズムではレビー小体が認められず、しかも心臓交感神経の脱神経が認められないことより、レビー小体の存在と心臓交感神経の脱神経は密接に関連していることが示唆されます。

交換神経節の神経細胞の脱落前に心臓交感神経の脱神経が起こることより、レビー小体型認知症、パーキンソン病の心臓交感神経変性は交感神経節の母神経細胞脱落に先行し、逆行性に起こると考えられます。

αシヌクレイン凝集物と心臓交感神経の変性

心臓交感神経の変性は、変性の少ない時期にαシヌクレイン凝集物が交感神経節の母神経細胞や神経突起に先行して心臓交感神経に沈着し、変性が進むにつれて心臓交感神経のαシヌクレイン凝集物が減少し、交感神経節のαシヌクレイン凝集物が増加します。

αシヌクレイン凝集物と心臓交感神経の経時的な動的関連は、レビー小体型認知症、パーキンソン病にみられる神経変性に共通するメカニズムである可能性が想定されます。

脳では1日当たり7gのゴミが溜まるといわれ、これが認知症と深い関係があることがわかってきました。私たちは、脳のゴミの排泄調整を行う頭蓋仙骨療法、漢方薬、アロマシャワー、温泉療法を融合した漢方薬アロマタッチを行うことによって、快適な日常生活を送ることができるようになるサポートをいたします。認知症への対応策のひとつとしてお考えいただければ幸いです。

このページは医薬関係者への情報提供を目的としています。